2010年11月23日

遊び感覚で1〜3万をゲット、簡単ポイントサイトで物入りな年末に余裕を!

今年発表された「2010年サラリーマンの小遣い調査」によると、不況による家計の回復は乏しく、平均小遣い額は昨年比5,000円減の40,600円という数字に。昼食代の平均金額も、昨年比90円減の500円で過去10年間では最も低い金額になったことが分かった。

だが、そんな現状を如実に表しているのか、ポイントサービスの勢いは留まることなくうなぎ上りである。先日、野村総合研究所が発表した、2008年のポイント・マイレージ年間発行額(※)=8917億円も、2014年には9849億円にまで拡大するという見通しが立てられているのだから驚くばかりだ。

そんなポイント全盛時代に便乗して、しっかりとポイントを稼ぐためにも、忘れてはならないのが、「購入時に付与させるだけがポイントではない」ということ。そこで、ネット上のポイントサイトの有効活用である。

最近では、ゲームやアンケートなど、簡単かつ無料で貯めたポイントを現金やギフト券、電子マネーに交換できるポイントサイトに高い人気が集まり、サラリーマンから主婦、学生まで、空き時間を利用しては手軽にお小遣い稼ぎをしている。

なんとも夢のような話だが、事実は事実。例えば、老舗懸賞・ポイントサイトとして、ユーザから高い支持を得ている「チャンスイット」では、無料アカウントを取得した後――
・アンケートに答える
・ゲームをする
・プレゼントキャンペーンに応募する
・動画を視聴する
といった遊び感覚で同サイトを利用すれば、その分ポイントが貯まっていく。

http://www.chance.com/

その他にも、ネットでショッピングをするような人であれば、ここを経由し、チャンスイットが提携するアマゾンやビックカメラ、ベルメゾンネット、(旅行であれば)JTBといった主要ECサイトで買い物をする。それだけで、ショッピングサイトのポイント+チャンスイットのポイントが貯まり、簡単にポイントの2重獲りも可能となる。

とはいえ、実際にはどのくらいのお小遣い稼ぎが可能なのか。仮に職場の昼休みを利用して、毎日10〜20分程度、「チャンスイット」を利用してみるとする。ポイントが貯まるアンケートを行い、数本のCM動画を視聴し、メールマガジン等に登録する――。それだけでも、ざっくりと1日で1000ポイント程度(100円分)は貯めることができそうだ。ということは、月で換算すれば、それだけで3,000円が稼げるということ。

加えて、さらに高見を目指すのであれば、若干手間は発生するが、見積もりや資料請求を行えば、2000ポイント(200円分)前後がゲットでき、FXの口座開設やカードの発行等に至っては一回で50,000〜80,000ポイント(5,000〜8,000円)を獲得できるものなども数多く用意されている。

毎日空き時間を利用して、月に1〜3万円を稼ぎ、お小遣いの足しにするというのも悪い選択肢ではない。忘年会シーズン到来で付き合いも増え、何かと物入りな季節。遊び感覚であっても、確実にお小遣いを増やし、少しでも余裕のある年の瀬を迎えたいものだ。
posted by 素人アフィリエイター at 15:23| Comment(0) | 楽天ポイント 攻略マニュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。